ヘルペスは身近なもの。通販で薬をゲット、身体について考える

包茎の誤解

まずは包茎手術の前に、包茎が受けがちな誤解を先に解消しておこう。包茎を恥ずかしいと思う人は大抵高校生くらいまでであり、大学生に上がる頃には包茎であることを恥じるという人はそんなには居ない。というわけでこれを読んでいる高校生や、未だに包茎は恥ずかしいと思っている人へアドバイスをしよう。
包茎は恥ずかしいことではない。なぜなら包茎というのは世界中どこを探しても国の男性の半分以上が包茎だからである。

嘘かも知れないが本当だ。実は世界中の約6~7割が包茎なのだ。しかし、宗教上の理由で赤ん坊の頃から割礼という包茎手術の一種をしている国があちこちにあるため、包茎というのはあまりいないようにお0も割れているだけだ。事実その宗教と無縁なアジア圏の人間はほとんどが包茎だ。

包茎でいることのデメリットを紹介していくと、やはり不格好だという印象を持たれるところにある。大人なのに皮被りであり、剥けていないと恥ずかしい。という風潮があるため、包茎は恥ずかしいものとして印象づけられている。だが木にしないで欲しい、ほとんどの人間が包茎だし、風呂場などで剥けている人は剥けているのではなく剥いている人もいるのだから。

本当のデメリットは別にある。それは不衛生だということだ。包茎だと恥垢がたまりやすく、とにかく不衛生だ。仮性包茎ならばさして問題はないが、真性包茎だと勃起しても皮が覆っているのでとにかく恥垢が溜まりやすい。
しかしs常に洗って清潔に保てばいいだけであり、ちゃんと注意すればどうということはない。

包茎やEDなどの悩みを抱えていると、普段では考えられないような心の負担が重くのしかかることが多々ある。どうして自分だけ・・・と考えたくもなるかもしれないが、心の負担というのは、正面から包茎やEDと立ち向かうことで大きく解決する手段にもなる。こうした時にはじめて、それまでになかった自分への自信が生まれることになる。何事も適切に処置をすれば、それまでになかった新しい可能性と未来を見い出すことができるのではないだろうか。